危険?インフォトップ(infotop)の特徴と評判を解説

インフォトップは、情報商材に専売特化したASPになります。情報商材ASPの中では、一番有名で知名度もありますね。そして、商材の審査をきちんと行っていることからも、評判が高いのも特徴です。

 

販売している、情報商材も多岐に渡っています。稼ぐ系だったり、体の悩み系、病気系、勉学系等いろんなジャンル商材が販売されています。

 

そんな、インフォトップですが、購入者に限らず、アフィリエイターにとっても重要なASPになるのです。ただ、インフォトップにも危険が十分にありますので、その理由や、どういう点で特徴があるのかなど解説していきます。

 

販売金額が高額

インフォトップに限りませんが、情報商材は高額です。そして、情報商材アフィリエイターにとっても、報酬額がかなり高いです。アフィリエイト報酬利率が50%も珍しくありません。なので、大きく稼ぐ事が出来るジャンルのASPになります。

 

月の報酬ランキングを見ていると、上位の方では、月収100万円は超えていて、トップになると、1000万円は超えてることもあります。情報商材アフィリエイトは大きな報酬を得ることができ、インフォトップは情報商材アフィリエイトを最も手助けしてくれるASPなのです。

 

 

報酬の支払いシステム

報酬金額は毎月末日に締め切られ、指定口座に翌々月の5日に振り込まれます。そして、最低振り込み額が5千円なので、それ以下の報酬の場合、次の月に繰り越しされますので、5円千以上の報酬発生が必要となります。

 

ただ、情報商材の単価がもともと高い為、1本販売することが出来れば、それだけで十分最低支払い額を超えることが出来ますね。

 

また、振り込まれる際に、手数料が掛かり、「700円+消費税」が掛かります。ここが優位つのインフォトップのデメリットかなって言えます。他のASPと比較すると少し高いんですね。ただ、インフォトップの品ぞろえと、運営の安心感からもインフォトップ以外のASPを使うことは考えられないです。

 

2ティア制度

2ティアシステムを採用しています。つまり、インフォトップを紹介して、紹介された人が売り上げを上げたら、紹介した人にも報酬のおこぼれが入ってくるってことです。

 

ただ、インフォトップの2ティア制度は本当に少額なので、かなりの人数を紹介して、稼ぐ事が出来るアフィリエイターになってもらわないと、まともに稼ぐ事が出来るようにはなりませんね。インフォトップ報酬ランキングで2ティア制度によって報酬を得ている人を見ていると2ティアによって月収20万円程いけば、最高クラスと言えるでしょう。

 

特典付与機能が搭載

インフォトップでは、一つ一つの商材に、メッセージ付きでの特典を付けられます。つまり、独自の特典演出によって、自分のサイトを経由して購入してもらった際のプレミアを付けるのです。そうすることで、自サイトでの成約率が高まるんですね。

 

情報商材アフィリエイターの中では、この特典こそが成約に結び付けることが出来るのかの差にもなりますので、他のサイトの特典よりもより価値ある特典を用意しようとするのです。それぐらい特典は重要な位置にあるんですね。

 

現在は情報商材アフィリエイトのASPのほとんどでこの機能は付いていますね。

 

情報商材質について

情報商材の業界では、詐欺商材が多く存在します。その点、インフォトップでは、販売する情報商材をより慎重に審査します。情報商材のセールスページには誇大広告がないのか、法律には準拠しているのかをチェックしてくれます。

 

なので、インフォトップで販売している商材には、法律を犯しているような明らかな詐欺商材はありませんので安心することが出来ます。

 

しかし、情報商材の内容が販売価格と相対してどうなのか、本当に再現性があるのかどうか、等を調査してくれません。確かに、上記のような基準を設けることは、現実的ではありません。

 

教材も実際に、その通り実践してみないとわかりませんし、人によって価格帯は違ってくるからです。ある人は稼げて、ある人は稼げないと言ったような結果は、どんな優秀な教材でも起こっています。

 

なので、価格に見合った商材なのか、本当にこのノウハウで稼ぐ事が出来るのか等はネット上でレビューを見るしかないんですね。

 

アフィリエイトジャンルは「アフィリエイト商材・教材・ツールのおすすめレビューサイト!」でレビューを見てみると、どのようなノウハウで現在でも再現性があるのかどうか等判断することが出来ます。

 

他、勉強系や恋愛系等でも、信用できるサイトを見つけることによってより購入する必要があるのかどうかの判断がしやすくなるかと思います。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ